スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -

ハロウィン




 10月のワンディレッスン、芋栗南瓜落花生です。直売ではこんな風に飾られた南瓜が売っていました。

PA271587.jpg



 
 たかきびのトマトソースに入る野菜はできるだけ細かく。包丁の持ち方から立ち位置まで細かく気を配って集中して切っていきます。

PA271575.jpg



 
 もってのほかのスープにデザートにはモンブラン。ビスケットを思い思いに型抜きしてベースには生落花生のペーストと甘栗を、その上から紅東のペーストを絞ります。

PA271544.jpg


 

 たかきびのトマトソースに豆乳酒粕ホワイトソースをかけた坊ちゃんかぼちゃを菊の花や落ち葉で飾ったらとても華やかな食卓に。

PA271595a.jpg


 
 ・坊ちゃんかぼちゃのミラノ風グラタン
 ・水菜とおかひじきと三色ラディッシュの甘酒ドレッシング
 ・ドライトマトの炊き込み玄米ごはん人参の葉添え
 ・もってのほかの塩麹スープ
 ・落花生と紅東のモンブラン

 かぼちゃもサラダもとてもよくできましたが、とりわけモンブランはおかわりの希望が出るほど人気でした。

PA271603.jpg










10月の季節のレッスン




 今日は久しぶりに澄み渡った秋晴れで昼間は少し汗ばむほど。気持ちのよい風の通るなか、季節のコースのレッスンでした。

IMG_3961.jpg



 
 このコースは日々の暮らしの中にマクロビオティックをいかに取り入れていくかもテーマの一つなので、作り置きや使い回しが効くメニューが入っています。下ごしらえを少し丁寧にするだけで味や仕上がりはもちろん、翌日以降の展開にも違いが出てきますので、姿勢や気持ちを整えて野菜に向き合います。

PA201504.jpg



 
 丁寧に作ると自然と盛りつけも丁寧に。お皿の上にも透き通った秋風が吹いているかのような仕上がりになりました。

PA091232.jpg



 
 ・蓮と金胡麻のもちきび玄米梅ご飯
 ・韮と山芋団子の味噌汁
 ・季節のひじき炒め
 ・牛蒡の照り煮
 ・木耳とジャガイモとキャベツの落花生白和え、
 ・10月の泡菜、そして小さなデザートは紅玉の豆乳寒天、梨の甘酒ソース添えでした。
 
 どれも本当にしみじみとおいしくできました。


IMG_3991a.jpg 



 
 11月からのご参加もお受けしておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。







季節のコースと体内クリーニング





 ときどきお弁当のケータリングをしています。
配達先はマクロビアンではない方たちですが、みなさん新鮮な驚きと感動を口になさいます。「もしかしてこれお塩だけ?」「本当にお砂糖入ってないの?」などど質問されることもしばしば。
 素材の味を引き出すマクロビオティックの調理法だからこそ、少ない調味料で美味しく仕上げることができます。
 
 季節のコースでご紹介する献立も、下のお弁当の写真のような旬の野菜や海藻、乾物のお惣菜が中心ですが、一般の方でも十分美味しく召し上がっていただけますので無理なく生活の中に取り入れていただくことができます。


IMG_4316.jpg


IMG_3677.jpg


 ときどきは、こんな風なスタイルも。


IMG_4315.jpg






 一方、体内クリーニングはマクロビオティックの王道(!?)食箋料理が基本になりますので、油を一切使いません。地味で手も余りかかりませんが、とても奥深いお味のものが多いです。もちろん驚きの美味しさです。
 受講者の方には各回簡単な食事日記をご用意いただき、それに基づいてどの食材を抜いて何を入れれば良いかをご指導いたします。

 コースの概要は、

①体内浄化
②自己治癒力強化
③肝臓・腎臓の機能向上
④神経系・ホルモン系の機能向上
⑤感染症、循環器系、婦人科系、アレルギー等のうち一つ(応相談)

となります。

 ①から④までは基本の講座で⑤は応用です。各講座のテーマに対応した食材を使った献立をご紹介します。その他の疾患でお悩みの方にはすべて受講なさった後にオプション講座を設けます。

 食事日記をつけて客観的なアドバイスを受けることによって、お一人ではなかなか続けるのが難しい体内クリーニングを無理なく達成することができます。期間中、メール等でご相談、ご質問もお受けいたしますので安心して取り組んでいただけます。









パピエラボ





 案内を送った友人から「10月スタートなのになぜ10月に届くのか」と指摘され、自分でも内心、いくらなんでもぎりぎり過ぎと思っていたので、今回も凝り性な割にはどこか詰めが甘いこの性格が災いしたかと反省しきりです。
 
 子供の頃から、捨てずにためておいた綺麗な包装紙などで封筒や小さな本を作るのが好きで、木版画を覚えてからは白地の封筒と便箋に自分で絵柄を刷ってはそれで手紙を書いたりしていましたが、教室用という名目で封筒が作れるとなれば凝らずにはいられません。自分用の封筒を作るなら活版印刷でと決めていたので、今回も迷わず名刺を作っていただいた千駄ヶ谷の「パピエラボ」さんにお願いしました。

 「パピエラボ」さんはお若いデザイナーさんがなさっているかわいらしい小さなお店ですが、お店の空気も置いてあるものもデザイナーの江藤さんのお人柄とこだわりも、何もかもが調和した紙好きにはたまらない空間です。
 お忙しいでしょうに私のような個人の教室の封筒や案内であっても、こちらの思いに寄り添いつつ的確なアドバイスをくださり、色々と丁寧に対応してくださいます。
 時間はかかりましたが試行錯誤して作った封筒は、いつまでも矯めつ眇めつ、惚れ惚れと眺めてしまう出来映えでした。
 
 入れ物に時間がかかってしまったことと、自分でプリントした日程がことごとく間違っていたこととで、一週間たち二週間たち‥あっという間に10月に。
 
 今回、案内の方は活版印刷を諦め普通のオフセットですが、やはり比べてみると活版の風合いにはかないません。次回作るときには案内も活版にしたいものです。
 
 
 そんな訳で、封筒はちょっと凝っています。
お手元で内容や日程をご確認なさりたい方、活版印刷に興味をお持ちの方、または活版印刷とオフセットの違いを実際に比べてみたい方、どなたでもご請求下さればお送りいたしますので、どうぞお申し付け下さい。


PA091237.jpg


PA091230.jpg













お知らせと訂正



 先日ご案内いたしました10月からの講座の日程に、間違いがいくつかありました。
既に記事上で訂正してありますが、ご検討下さっていた方、今一度ご確認下さいませ。お手数をおかけしまして大変申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いします。




 遅くなりましたが、10月の献立です。


•季節のコース(秋〜冬)

 乾燥に弱い肺の養生と夏の間に冷えた胃腸機能の回復を目指して、気血や潤いを作る食材を使います。

 •もち雑穀入り玄米ご飯
 •季節のひじきの炒め物
 •お芋と木耳と旬菜のピーナツ和え
 •本当に美味しい牛蒡の照り煮
 •10月の味噌汁
 •季節のお漬物と小さなデザート


•ワンディクッキング

 かぼちゃ、お芋、そして千葉に住んでいるからこそ美味しくいただくことができる生落花生が主役です。

 •坊ちゃんかぼちゃのミラノ風酒粕グラタン
 •さつま芋と落花生のモンブラン
 •塩麹の天然酵母プチパン
 •季節のサラダ甘酒ドレッシング
 •10月のスープ


以上を予定しています。


 季節のコースが日常の中に取り入れていただく献立だとすると、ワンディクッキングの方はもう少し華やかです。









カフェメニュー





 10月からの新講座のお知らせをして、初めてのフレンズレッスンでした。
稲毛の海の方でとても素敵な北欧カフェを開いていらっしゃるご姉妹から、お店でも出せるサンドイッチをというご依頼でした。

P9291152.jpg


 
  
 一般の方にもおそらく無理なく召し上がっていただける、高野豆腐のカツとテンペの檸檬ソテーをご紹介しました。塩麹の天然酵母カンパーニュはいつもより柔らかく焼き上げてタヒニペーストとマスタードを塗っておきます。

PA031220.jpg




 サンドイッチは食べる時はあっという間ですが、案外行程が多くて手間がかかります。
夜のクラスだったのでみなお腹がすき過ぎて、とにかく大急ぎで挟んで盛りつけたのでパンがあちこち向くことに。

PA031221.jpg




 そんな訳でよく見えませんが、高野豆腐のカツには八丁味噌のソースを、テンペには南瓜サラダを一緒にサンドしてあります。
おしゃれなお二人ですから、お店にデビューする頃にはとっても素敵なサンドイッチになっているはずです。

PA031222.jpg 










教室からのお知らせ

 


 10月からの新講座の日程が下記の通り決まりました。
全5講座のうち、メインの3講座は、同じ内容を昼、夜、週末と3回開催します。どうぞよろしくお願いいたします。



アトリエシジフォス マクロビオティッククッキング


●講師 

松重彩子




季節のコース(秋〜冬) 全3回(月1回)= 15,000円


 日々の暮らしの中にマクロビオティックを楽しみながら取り入れていくコースです。マクロビオティオティックの基本から、その季節や月ごとの養生を意識した暮らし方や日々の献立をご紹介します。3ヶ月続けることでマクロビオティックを通したその季節の過ごし方を理解することができます。

 

1.昼のクラス(10:00~13:00)   

  ①10/17(水)   ②11/14(水)  ③12/12(水) 

2.夜のクラス(19:00~21:45頃)

  ①10/19(金)  ②11/16(金)  ③12/14(金)

3.週末のクラス(10:00~13:00)

  ①10/20(土)  ②11/10(土)  ③12/8(土)




体内クリーニングコース 全5回 = 30,000円(相談料込み)  


 これまでの食習慣を見直し、一度体内をリセットしたい方のためのコースです。様々な不調に対応した食箋(食の処方箋)をご紹介します。3ヶ月で体内浄化と自己治癒力を高めることを目指し、要となる臓器の機能の回復と免疫力の向上を図ります。全ての食箋は、薬効の高い食材を用いて油を使わずに展開していきます。マクロビオティックが全く初めてでも短期間でクリーニングなさりたい方、またマクロビオティックで効果を感じられなかった方にも。


1. 昼のクラス(10:00~13:00)

  ①10/22(月) ②11/5(月) ③11/19(月) ④12/3(月) ⑤12/17(月)

2. 夜のクラス(19:00~21:45頃)

  ①10/24(水) ②11/7(水) ③11/21(水) ④12/5(水) ⑤12/19(水)

3. 週末のクラス(10:00~13:00)

  ①11/3(土) ②11/18(日) ③12/1(土) ④12/15(土) ⑤12/23(日)




ワンディクッキング 1lesson = 5,000円


 季節ごとの行事やイベントをマクロビオティックで楽しむ単発の講座です。スイーツや天然酵母パンのマクロビオティック仕様や、おもてなしにも使える献立を月替わりでご紹介します。メニューの詳細はブログ、もしくは直接お問い合わせください。(同月内は同じ内容になります)



1. 昼のクラス(10:00〜13:00)

  10/15(月)、 11/12(月)、 12/10(月)

2. 夜のクラス(19:00〜21:45頃)

     10/26(金)、 11/23(金)、 12/21(金)

3. 週末のクラス(10:00~13:00)

     10/27(土)、 11/17(土)、 12/9(日)




パーソナルレッスン 1lesson = 8,000円(約3時間)


 特定の症状を改善させたいなどといった様々なご要望にお応えするためのオーダーメイドのレッスンです。講義や実習はご希望にできるだけ添う形で進めて参ります。日時応相談




●フレンズレッスン 1lesson = お一人5,000円(約3時間)


 お友達同士などで受講なさりたい方のためのセミオーダーのレッスンです。お二人からお受けいたします。様々なリクエストにも対応いたします。日時応相談。





★パーソナルレッスンフレンズレッスンは、日程をご相談の上、調整いたしますので、直接お問い合わせください。


★各コース、振り替え対応いたします。


★場所:千葉市花見川区

    JR稲毛駅よりバスで10分、バス停より徒歩5分。

    詳細はお申し込み後、追ってご連絡いたします。



少人数制の小さな小さな教室ですのでどうぞ、お気軽にいらしてください。



お申し込みは、こちらからどうぞ











マクロで中華



 
 お月見だから、といただいたお花。黄色いマムが本当にお月様のようです。
が、今日のレッスンは以前からリクエストがあった中華でした。

P9301219.jpg



 マクロ道(!?)に入るともう中華とはお別れと思われがちですが、そんなことはありません。ラーメンだって餃子だって、ちゃんとマクロ仕様で美味しく作ることができるんです。
 今日は教室に通いだして1年経つ男の子のクラスだったので、そろそろ難しいこともできるはずと無謀にも米粉の水餃子を企画。やっぱり無謀でした。
 米粉はあっという間にひび割れてくるので、一人がのばし、一人が包み、と二人一組の連携プレーで頑張ったのですが、すべて終わる頃には辺りは真っ暗に‥。

P9051121.jpg



 それでも、メインの厚揚げの酢豚風と付け合わせのひじきと三つ葉のサラダはこんなに美味しそうに。

P9291191a.jpg



 厚揚げの酢豚風には和梨が入っていて、パイナップル入りの本物(!?)にも負けない美味しさ。水餃子もいろんな造形でしたが無事ノルマを作り終え、ぷりぷりもちもちの感動の出来映えでした。お疲れさまのデザートは南瓜のプリンです。

P9291189.jpg 







塩麹天然酵母パン




 もうすぐ白露。朝晩はひんやりした空気を感じるようになりましたが、まだまだ残暑の厳しい日が続いています。日中はまだ30度ありますが、その気温を活かして天然酵母パンのレッスンでした。

P9051114.jpg



 
 酵母はホシノ天然酵母。塩の代わりに薬効の高い塩麹を使い、砂糖類は一切入れずに、
同じ生地をピタパンとピザに作り分けます。ピザの具には新ものの蓮根をざくざくと。ベースは作り置きのバジルペーストと甘酒トマトケチャップ。ケチャップは15分もあればできるので、トマトが2、3個余ったときにちょこちょこ作っておきます。

P9051117.jpg




 同じバジルペーストでピタパンの具のジャガイモを和えました。バジルペーストはもちろんチーズ抜きですが、松の実と胡桃が入っているので十分なこくがあります。
 
 どちらも美味しそうに焼き上がりました。

P9051121.jpg




 今が旬の冬瓜の葛引きスープで、夏の間に取り過ぎがちな水分を出していきます。
同じ生地で全く違う食感のものができることと、簡単な材料と手順でとっても美味しいことに、生徒さんは大変驚いていらっしゃいました。家で作るものは、できるだけシンプルに、手間がかからないのが一番です。

P9051126.jpg









カレーパーティ




 朝から竜巻警報が。突然の暴風雨や猛烈な暑さで大変な一日でした。

20120818_736276icc.jpg



 そんな今日は、暑気払いにぴったりのカレーパーティです。

20120818_736280icc.jpg



 出来上がる頃には雨も上がってさわやかな風が。

20120818_736278icc.jpg



 天然酵母のピタパンひよこ豆のカレーサンドにパプリカとオクラのピクルス、かぼちゃの冷製スープ、焼ナスとトウモロコシとアスパラの寒天寄せ、

20120818_736632icc.jpg



 デザートは幸水とピオーネの甘酒タルトでした。

20120818_736277icc.jpg











PR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

お申し込み

profile

categories

archives

search this site.

お問い合わせ