スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -

1月ワンディ 米粉のクリームコロッケ


 



 今月のワンディは、米粉の茸クリームコロッケです。

P1262173.jpg





 生徒さんに茸の苦手な方がいらしたので、茸と分からないように細かく刻むバージョンと大きいまま入れるバージョンの2パターン作ってみました。
 玉ねぎとしめじとマッシュルームをベースに豆乳と米粉でとろみを付け、俵型にまとめて揚げていきます。

P1262185.jpg





 コロッケには、香味野菜を沢山使って赤ワインでことこと煮たクレイビーソースをかけます。ちょっと手間がかかりますがこのソースが本当にぴったりで、漉したあとの野菜もシチューのように食べられますので二度楽しめてとってもお得です。

P1262210.jpg





 付け合わせには、白菜のコールスローとブロッコリーの醤油麹和えを。 

P1262212.jpg


 

 ・セロリと松の実の玄米ピラフ
 ・あおさと海苔の味噌汁
 ・米粉の茸クリームコロッケ、グレイビーソース
 ・白菜の梨甘酒コールスロー
 ・ブロッコリーと莢隠元の醤油麹和え


 茸を細かく刻んだコロッケと、大きいままのコロッケでは味が違って面白い食べ比べができました。マクロビオティックは切り方を大切にしますが、やはりそれは重要なことだと再認識。もちろんどちらも美味しく、特に細かい方はまるでカキフライのようでした。
 茸の苦手な生徒さんにもこれなら大丈夫と美味しく召し上がっていただけました。











1月の季節のレッスン すずなすずしろ





 
 今月の季節のレッスンは大根と蕪を使って寒さから胃を守り、気を作る食材で免疫を高める献立です。

P1122102.jpg 




 まずは大根とお揚げを巻いて作る信田巻き。ここでも桂剥きが必要ですが、お揚げの長さ分あればいいのでちょっと頑張ればなんとかなります。くるくる巻いてかんぴょうで止めていきます。

P1122145.jpg




 椎茸昆布出汁と醤油でコトコト煮て二つに切ると、こんな風に年輪がきれいにできました。渦巻きがかわいらしいです。

P1122159.jpg




 こちらは、蕪蒸し。南瓜と木耳、人参を具材にすり下ろした蕪を葛粉と出汁で合わせたものをかけて蒸していきます。仕上げに銀餡とおろし生姜を。

P1122145a.jpg



 蕪蒸しに使った蕪の葉で簡単な胡麻和えを作り、桂剥きの残りの大根の芯は輪切りにしてお味噌汁に。全て使い切りまさに一物全体な、新春にふさわしい落ち着いた温かい食卓になりました。

P1122154.jpg




 ・銀杏と茸の炊き込みご飯
 ・信田巻き
 ・南瓜と木耳の蕪蒸し
 ・赤かぶの塩漬け
 ・カブの葉の海苔胡麻和え
 ・大根と三つ葉の味噌汁

 小さなデザートは金時豆と干しりんごとプルーンの茶巾でした。











新年




 あけましておめでとうございます。
初仕事はお節の仕出しです。一つ一つ心を込めてお作りしました。
 皆様にとって今年も良い年でありますように。
 

P6160662d.jpg



 どうぞ今年もよろしくお願いいたします。










ブッシュドノエル




 クリスマスに向けて特別クラスを開催しました。ブッシュドノエルの会です。
アトリエのそちこちに小さなクリスマスコーナーを作って準備万端です。

 PC231982a.jpg



 乳製品や卵の入らないココアスポンジ生地を焼いて、豆腐クリームと苺を挟んで巻いていきます。

PC231972a.jpg


 
 巻き終わったら上から豆腐クリームを塗って薪にみたて、飾り付けです。

PC232029.jpg



 思い思いに飾り付けて出来上がったブッシュドノエルはお持ち帰り用に。 
とっても可愛く仕上がりました。

IMG_4997.jpg



 頑張って作ったあとはあらかじめアトリエで用意したお食事を召し上がっていただきました。今日は今月のワンディクッキングのメニューであるサボイキャベツのロールと米粉のキッシュ、冬野菜のコールスローです。

PC232088.jpg



 肝心のブッシュドノエルもとっても濃厚でおいしくて、これなら家族の人にも大丈夫と好評でした。

IMG_5004.jpg













12月の季節のコース

 


 いつもは食箋や薬膳を意識した献立の季節のコースも、リクエストがあったこともあり、今月は年越し蕎麦用の天婦羅の練習です。

PC161870a.jpg




 普段は揚げ物はできれば月に一度くらいでとお伝えしているのですが、年に一度の年越しとなれば気合いも入ります。
 せっかくですからちょっと凝って大原女揚げを。人参、牛蒡、さやいんげんを細切りにして海苔で包んで大原女の薪に見立てます。

PC151838a.jpg




 揚げると本当の薪のようです。

PC161915a.jpg




 春菊もたっぷり手に取り丸く握ってかき揚げにします。
他にも菊芋や舞茸、落花生に柿、黒豆とブロッコリーなど、どんどん揚げます。

PC161923a.jpg


 


 ・炒り黒豆と黒ごま入り玄米ご飯、干し蜜柑皮と大根葉あえ
 ・天婦羅盛り合わせ
 ・大根と柿のなますサラダ
 ・里芋のお味噌汁

 付け合わせには毒消しを意識して生の大根を使い、もちろん天婦羅にもたっぷりの大根おろしを添えていただきます。
 卵を使わなくてもちょっとしたコツでサクサクに揚げることができるので、これなら年越しも大丈夫と喜んでいただけました。


PC161929a.jpg








12月のワンディクッキング




 12月に入ってめっきり寒くなってきました。
今月のワンディはクリスマスを意識した温かい献立です。

PC151824a.jpg





 付け合わせの冬野菜のコールスロー風は旬の林檎をアクセントに、大根、キャベツ、セロリを合わせてシャキシャキ作ります。

PC151840.jpg





 米粉のキッシュのフィリングはかぼちゃとお豆腐。トッピングにはブロッコリーと松の実を。米粉のキッシュ生地はコーンミールが入っているのでサクサクと香ばしい仕上がりです。

PC151847a.jpg





 メインはサボイキャベツを使ったノンオイルのロールキャベツ。タカキビと里芋を中身にして蒸したサボイキャベツで巻き込みトマトのスープで煮込むだけですが、とっても甘く温かい味に仕上がりました。
 サボイキャベツは煮込んでも崩れないので、ストーブの上でコトコト煮るのにぴったりです。
PC151850a.jpg





 ・米粉のかぼちゃキッシュ
 ・サボイキャベツのタカキビロールキャベツ
 ・冬野菜のコールスロー風
 ・米粉のレーズンココアババロア


 普段はこんなに手をかける必要はありませんが、来客の多い年末には、前もって用意できるこんな献立も引き出しに入れておくと何かと心強いものです。

PC151852.jpg









1月新講座募集のおしらせ

 
 1月からの新講座の日程が下記の通り決まりました。
どうぞよろしくお願いいたします。



アトリエシジフォス マクロビオティッククッキング


●講師 

松重彩子




季節のコース(冬〜春) 全3回(月1回)= 15,000円


 日々の暮らしの中にマクロビオティックを楽しみながら取り入れていくコースです。マクロビオティックの基本から、その季節や月ごとの養生を意識した暮らし方や日々の献立をご紹介します。3ヶ月続けることでマクロビオティックを通したその季節の過ごし方を理解していただくことができます。

 

1.昼のクラス(10:00~13:00頃)   

  ①1/15(火)   ②2/12(火)  ③3/12(火) 

2.夜のクラス(19:00~21:45頃)

  ①1/18(金)   ②2/15(金)  ③3/15(金)

3.週末のクラス(14:00~17:00頃)

  ①1/12(土)   ②2/9(土)    ③3/9(土)

ワンディクッキング 1lesson = 5,000円

 
 季節ごとの行事やイベントをマクロビオティックで楽しむ単発の講座です。スイーツや天然酵母パンのマクロビオティック仕様や、おもてなしにも使える献立を月替わりでご紹介します。メニューの詳細はブログ、もしくは直接お問い合わせください。(同月内は同じ内容になります)


1. 昼のクラス(10:00〜13:00頃)
  1/22(火)、 2/19(火)、 3/19(火)
2. 夜のクラス(19:00〜21:45頃)
  1/25(金)、 2/22(金)、 3/22(金)
3. 週末のクラス(10:00~13:00頃)
     1/26(土)、 2/16(土)、 3/16(土)    

体内クリーニングコース 全5回 = 30,000円(相談料込み)  


 これまでの食習慣を見直し、一度体内をリセットしたい方のためのコースです。様々な不調に対応した食箋(食の処方箋)をご紹介します。3ヶ月で体内浄化と自己治癒力を高めることを目指し、要となる臓器の機能の回復と免疫力の向上を図ります。食事日記を記録していただき、それに応じてお出しする全ての食箋は薬効の高い食材を用いて油を使わずに展開していきます。

 マクロビオティックが全く初めてでも短期間でクリーニングなさりたい方、またこれまでマクロビオティックで効果を感じられなかった方にも。


1. 昼のクラス(10:00~13:00)
     ①1/17(木) ②1/31(木) ③2/14(木) ④2/28(木) ⑤3/14(木)
2. 夜のクラス(19:00~21:45頃)
   ①1/9(水) ②1/23(水) ③2/6(水) ④2/20(水) ⑤3/6(水)

パーソナルレッスン 1lesson = 8,000円(約3時間)


 特定の症状を改善させたいなどといった様々なご要望にお応えするためのオーダーメイドのレッスンです。講義や実習はご希望にできるだけ添う形で進めて参ります。日時応相談




●フレンズレッスン 1lesson = お一人5,000円(約3時間)


 お友達同士などで受講なさりたい方のためのセミオーダーのレッスンです。お二人からお受けいたします。様々なリクエストにも対応いたします。日時応相談。





★パーソナルレッスンフレンズレッスンは、日程をご相談の上、調整いたしますので、直接お問い合わせください。


★各コース、振り替え対応いたします。


★場所:千葉市花見川区

    JR稲毛駅よりバスで10分、バス停より徒歩5分。

    詳細はお申し込み後、追ってご連絡いたします。



少人数制の小さな小さな教室ですのでどうぞ、お気軽にいらしてください。



お申し込みは、こちらからどうぞ







蕎麦づくし




 蕎麦づくしの11月のワンディレッスン。全てのメニューに蕎麦を使います。

PB101610a.jpg

 

 

   メインの蕎麦粉のガレットにはさつま芋と茸のローズマリーソテーを。さつま芋はじっくりと蒸し焼きにします。デザートは蕎麦ぼーろの予定でしたが、ガレットとの相性を考えて、ガレット生地で豆乳カッテージチーズと胡桃をくるんだ蜂蜜がけに変更。豆乳にレモン汁を加えてカッテージチーズを作りました。

PB181715a.jpg





 イガグリ揚げは南瓜のマッシュと甘栗のフィリングを糸蕎麦の衣をつけてイガグリに見立てます。いい具合に揚がりました。

PB181767a.jpg




 ・さつま芋とブロッコリーの蕎麦粉のガレットバルサミコソース
 ・豆乳カッテージチーズ胡桃蜂蜜がけ
 ・季節のサラダ人参ドレッシング
 ・糸蕎麦のイガグリ揚げ
 ・茸の蕎麦粉ポタージュ

 蕎麦づくしの食卓が出来上がりました。

PB181800a.jpg






11月の季節のレッスン




 11月のテーマは風邪予防です。気血を作りお腹を温め、寒さに弱い腎の養生も意識します。

PB181690a.jpg




 肉じゃが風のお肉の代わりの車麩はジャガイモとともに気を作ります。下煮して素揚げするとまるでバラ肉のよう。

PB171640a.jpg




 お砂糖も味醂も使わないのに玉ねぎから引き出した甘みで十分においしく、車麩のこくも加わってまさに肉じゃがの味わいです。

PB171652a.jpg




・黒米黒ごま入り玄米ご飯
・菊芋とあおさの味噌汁
・車麩の肉じゃが風
・水菜と白木耳と菊花の林檎和え
・金針菜と韮の醤油漬け

 お楽しみの小さなデザートは粟団子の胡麻汁粉でした。

PB101619a.jpg 










11月の献立

  

 遅くなりましたが、11月の献立です。


・季節のコース(秋〜冬)

 陰気が強くなり段々寒さが増してくるこの季節、気血の巡りが悪くなります。そこで気血を作って循環させる食材とお腹を温める食材を使って風邪の侵入を防ぎます。

 ・黒ごま、黒米、松の実の玄米ご飯
 ・車麩の肉じゃが風
 ・水菜と白木耳と菊花の林檎和え
 ・金針菜の醤油漬け
 ・粟団子の胡麻汁粉
 ・11月の味噌汁


・ワンディクッキング

 新蕎麦の季節になりました。今月は蕎麦づくしです。小さなデザートは子供の頃大好きだった蕎麦ぼーろをマクロ仕様で作ります。

 ・蕎麦粉のガレット、バルサミコソース
 ・糸蕎麦のいがぐり揚げ
 ・季節のサラダ人参ドレッシング
 ・蕎麦ぼーろ
 ・11月のスープ


以上を予定しています。

 
 よろしくお願いいたします。







 


PR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

お申し込み

profile

categories

archives

search this site.

お問い合わせ