スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -

苺大福





 今月のスィーツレッスン、今が旬の苺の大福です。
苺大福が自作できることほど幸せなことはないのではと常々思ってきた身としては、レシピ起こしにも自ずと力が入ります。

DSC_4321-1.jpg





 まずは求肥作り。白玉粉をよくこねて、ここはレンジではなく蒸篭で蒸します。十分に伸びるようになってから鍋に移してよく練っていきます。

名称未設定-1.jpg



 

 求肥を蒸している間には中の苺餡作ります。東金の有機苺の農家さんから仕入れてきた採れたての苺を、レーズンとデーツで作った小倉あんでくるみます。
 求肥ができてからは大忙し。冷めないうちに等分にしてどんどん包んでいきますが、慣れないうちは大変なことに。段々上手に包めるようになり、沢山できました。






 スィーツレッスンにセットのランチは、蓮根バーグとバーベキューソースのハーモニーが美味しいライスバーガーでした。今日はリクエストで菜花を芥子和えに。
 
DSC_5087-1.jpg





 苺大福の求肥も柔らかく、美味しくできました。 

DSC_5133-1.jpg












4月新講座募集のお知らせ

 



 4月からの新講座の日程が下記の通り決まりました。
どうぞよろしくお願いいたします。



アトリエシジフォス マクロビオティッククッキング

•講師
松重彩子



・季節のコース(冬〜春) 全3回(月1回)=15,000円

 日々の暮らしの中にマクロビオティックを楽しみながら取り入れていくコースです。マクロビオティックの基本から、その季節や月ごとの養生を意識した暮らし方や日々の献立をご紹介します。3ヶ月続けることでマクロビオティックを通したその季節の過ごし方を理解していただくことができます。

1.昼のクラス(10:00〜14:00頃)
  4/16(火) 5/14(火) 6/11(火)
2.夜のクラス(18:30〜21:45頃)
  4/19(金) 5/17(金) 6/14(金)
3.週末のクラス
  4/13(土) 5/11(土) 6/8(土)


・ワンデイクッキング 1lesson=5,000円

 季節ごとの行事やイベントをマクロビオティックで楽しむ単発の講座です。マクロビオティックにおける食材の扱い方や調理のポイントを踏まえながら、おもてなしにも使えるおしゃれな献立を月替わりでご紹介します。メニューの詳細はブログ、もしくは直接お問い合わせ下さい。(同月内は同じ内容になります。)

1.昼のクラス(10:00〜14:00頃)
  4/23(火) 5/21(火) 6/18(火)
2.夜のクラス(18:30〜21:45頃)
  4/26(金) 5/24(金) 6/21(金)
3.週末のクラス
  4/20(土) 5/18(土) 6/15(土)


・体内クリーニングコース 全5回=30,000円(相談料込み)

 これまでの食習慣を見直し、一度体内リセットしたい方のためのコースです。様々な不調に対応した食箋(食の処方箋)をご紹介します。3ヶ月で体内浄化と自己治癒力を高めることを目指し、要となる臓器の機能の回復と免疫力の向上を図ります。食事日記を記録していただき、それに応じてお出しするすべての食箋は薬効の高い食材を用いて油を使わずに展開していきます。
 マクロビオティックが全く初めてでも短期間でクリーニングなさりたい方、またこれまでマクロビオティックで効果を感じられなかった方にも。

1.昼のクラス(10:00〜14:00頃)
  4/11(木) 4/18(木) 4/25(木)
2.夜のクラス(18:30〜21:45頃)
  4/11(木) 4/18(木) 4/25(木)

 初回は上記の日程のいずれかのスタートになります。昼のクラス夜のクラスとも、2回目以降の日程は初回時にご相談の上調整致します。参加ご希望で初回の日程のご都合がつかない方は別途ご相談下さい。


・パーソナルレッスン 1lesson=8,000円(約4時間)

 特定の症状を改善させたい等といった様々なご要望にお応えするためのオーダーメイドのレッスンです。講義や実習はご希望にできるだけ添う形で進めて参ります。日時応相談。


・フレンズレッスン  1lesson=お一人5,000円(約4時間)

 お友達同士で受講なさりたい方のためのセミオーダーのレッスンです。お二人からお受け致します。様々なリクエストにも対応いたします。日時応相談。


・スイーツレッスン 1lesson=お一人5,000円(約4時間)

 季節のスイーツをご紹介するレッスンです。お一人ずつ全行程仕上げていただき出来上がった作品はお持ち帰りいただきます。基本的に毎月開催いたしますがイレギュラーですのでお問い合わせ下さい。お食事付き。




★パーソナルレッスンとフレンズレッスンは、日程をご相談の上、調整いたしますので、直接お問い合わせ下さい。

★各コース、振り替え対応いたします。

★場所:千葉市花見川区
    JR稲毛駅よりバスで10分、バス停より徒歩5分。
    詳細はお申し込み後、追ってご連絡いたします。


少人数制の小さな教室ですのでどうぞ、お気軽にいらして下さい。


お申し込みは、こちらからどうぞ。








3月のワンディレッスン 玄米ライスバーガー





 その昔、毎朝保育所に赤ん坊を預けたあと、大学に行く前に必ず立ち寄るファーストフードがありました。もっぱら赤ん坊と資料の重さをしばし忘れるべく珈琲を飲むためにでしたが、そのファーストフードには当時一世を風靡したライスバーガーというものがあっていつも横目で眺めていたものです。
 ある日その店で、バーガーを食べる友人に付き合って持っていた玄米のお弁当を堂々と広げていた私は、当然お店の方に注意されたわけですが、それをきっかけになぜかその店員さんとはとっても親しくなり、ときおり頼むポテトには必ずケチャップをおまけしてくれたことも今となってはいい思い出です。
 修了してからはその街に出入りすることもなくなりそれきり何十年も行っていませんが、最近そのファーストフードのライスバーガーの代表作が無くなったことを知り、懐かしさも手伝って再現したくなりました。

CRW_5424.jpg





 無くなってしまったバージョンはきんぴらでしたが今回牛蒡はポタージュに、パテは蓮根と米粉で作ります。玄米バンズは網で香ばしく焼いておきます。

0316_1.jpg





 レタスとトマトの上に蓮根バーグをのせてマクロ仕様のバーベキューソースをかけ最後にアボガドをのせます。バンズには胡麻ペーストと味噌マスタードをあらかじめ塗っておきます。

0316_2.jpg





 どうやって食べるのというくらいの背丈とボリュームですが、崩してお箸で食べてしまっては単なる蓮根ハンバーグ定食ですから、苦労して割り出したそれぞれの味のハーモニーを何とかかぶりついて味わっていただきました。

CRW_5513.jpg



CRW_5509.jpg





・玄米蓮根ライスバーガー
・大根と苺の干し生姜マリネ
・豆腐と菜花と松の実の煎り煮
・牛蒡と胡桃のポタージュ


 春の日差しに誘われて出かけたくなる様なランチプレートが出来上がりました。





 




3月の季節のレッスン 春のお弁当





 ようやく温かくなってきました。だんだん春の気が活発に上ってくるようになりますが、その気にのまれないように体調を整えておくと、春先特有の目眩やだるさに見舞われずに快適に過ごすことができます。

CRW_5223.jpg




 冬の間に貯めた老廃物の浄化もしつつ気に満ちた体を作るために、今日は苦みの野菜や穀物を沢山使った献立です。おにぎりには山のようなクレソンと玉ねぎのスライスをざくざくと、お稲荷さんには紅新大根を入れ、お揚げはレーズンとお醤油でほんのり甘く炊き上げます。

名称未設定-1.jpg




 付け合わせには肝臓を守り解毒作用を強力に進める芽キャベツを使った胡麻味噌和えを。
緑が沢山の献立は春のお弁当にもぴったりです。

CRW_5398.jpg





・紅新大根入り玄米稲荷
・クレソンの玄米握り
・南瓜と芽キャベツの胡麻味噌干し生姜和え
・菜花のお浸し
・クレソンの根のお吸い物


ふっくらと炊けたお稲荷さんの優しい甘みがほろ苦い青菜によく合う早春の食卓になりました。










リクエストクッキー




 
 アトリエでは月替わりでマクロビオティッククッキーをご紹介していますが、今日はそのリクエストのレッスンでした。先日単発のスィーツの講座で取り上げたビターココアクッキーです。

CRW_5138.jpg





 有機栽培の苺が沢山手に入ったときに作っておいた苺ジャムを使ってジャムクッキーも作ることに。こちらはバニラ味です。

CRW_5187-5.jpg





 ランチ用の紫菜花。ようやく色々な種類の菜花を見かけるようになりました。採れたてはさっと塩ゆでするだけでも本当に美味しいですが、今日は林檎で作った甘酒ドレッシングであえていただくことに。

CRW_5168-3.jpg





 今日はおひな様なのでちらし寿司とも思ったのですが、次回のワンディの献立になるライスパーガーをお出ししたところそちらもとても好評でした。

CRW_5196.jpg





 焼き上がったクッキーはそれぞれ包装してお土産に。上手に沢山焼けたので、しばらく楽しめると喜んでいただけました。

P3042329-9.jpg








 

ビターココアクッキー

 



 単発のスイーツレッスン、今月はビターココアクッキーです。

CRW_4938.jpg





 混ぜて、伸ばして、型抜いて、どんどん焼きます。

名称未設定-1.jpg





 それぞれ各自で包んだ米粉のピロシキとボルシチを軽食に。

CRW_5106.jpg




 
 そして試食です。ピンクペッパーが程よいアクセントに。ロシアンティーにもよく合いました。

CRW_5122.jpg










2月のワンディ 思い出のボルシチ





 子供の頃のお出かけというと電車で二駅ほど乗った街のとあるデパートでしたが、なぜか帰りに必ず寄ったのは地下のカウンターのロシア料理屋さんでした。
 当時はまだファミレスもファーストフードもコンビニもなく、外食はちょっとしたイベントでしたが、ボルシチの見たことも無い紅色やサワークリームの雪のような白さは、異国の地に思いを馳せるには十分なインパクトで、子供ながらにしみじみと神妙に食べたものです。
 久しぶりに寒い日が続く今年の冬はそんなボルシチが無性に食べたくなって、マクロ仕様でレシピを起こしてみました。

CRW_4782-1.jpg




 もちろんボルシチといえばピロシキです。
 今回は米粉で皮を作ります。小麦に比べて伸びないのでコツがいりますが、慣れてくるとなんとかそれらしい形になってきます。

名称未設定-2.jpg 





 中身の具はバルサミコ風味の牛蒡のきんぴらと、たかきび、里芋とキャベツのパプリカ炒めで。ボルシチは蓮根など根菜がメイン。ピロシキは外はかりっと中はもちもちに仕上がりました。ボルシチもビーツの紅色と豆乳サワークリームが綺麗です。

名称未設定-4.jpg





CRW_4869-4.jpg




 ・米粉のピロシキ2種
 ・根菜のボルシチ豆乳サワークリーム添え
 ・蒸しブロッコリーの甘酒ソース
 ・菊芋のピクルス


 立春を過ぎたというのにちらつく雪の中、心から暖まる昼餐になりました。
食後には自家製イチゴジャムのロシアンティを。












ロールキャベツと米粉のキッシュ





 今日は過去のメニューからのリクエストレッスンでした。

CRW_4960.jpg





 メニューは12月のワンディでご紹介したロールキャベツと米粉のキッシュです。
前回はサボイキャベツでしたが、もう終わってしまったので今回は普通のキャベツです。

名称未設定-2.jpg





 干し茸を使ったためかとてもコクのある甘いロールキャベツになりました。
野菜だけで本当に美味しいです。

P2142319a.jpg





 前回より更にレシピに改良を加えた米粉のキッシュも色よく焼けました。

P2142320a.jpg





 白菜のコールスローと菊芋のピクルスを添えて。美味しいバレンタインの午後です。

P2142318a.jpg












2月の季節のレッスン 冬の終わりに




 
 立春を迎えて、陰気の中にも陽気が顔を出し始めるこの季節、そろそろ身体は浄化をスタートさせます。まだまだ続く寒さ対策と同時に、排毒を助ける食材を取り入れていきます。

CRW_4668-2-2.jpg





 まず何と言っても、九十九里特産の葉玉ねぎ。解毒だけでなく、抗がん作用のあるレクチンという葉玉特有の成分が含まれています。そして浄化作用と精神安定作用のある青梗菜。気を作るおからや豆腐も使います。

名称未設定-1.jpg





 葉玉ねぎはごま油と醤油ですき焼き風に、青梗菜はお浸しにして人参とえのきを巻きます。焚き物には冷凍庫で作った凍み豆腐と南瓜、六方に剥いた里芋を。これで万全です。

CRW_4730-1.jpg





・麦麹入り玄米ご飯
・里芋、凍み豆腐、南瓜の焚き物
・青梗菜の花浸し
・葉玉のすき焼き風
・おからの炊いたん
・えのきと人参のお澄まし


 冬の終わりの優しい食卓になりました。










apple pie




 単発のスイーツレッスン、今月はアップルパイです。

IMG_4300-2-1.jpg





 まずはデモストレーション。オリーブオイルで作ったマクロ仕様のパイ生地に蒸した林檎のフィリングを詰めて上から更に生地を重ねます。余り生地で型抜きした飾りをのせオーブンで焼きます。

CRW_4376-のコピー.jpg




 一人一台作るので、型抜きもそれぞれ好きなもので。
木の葉、亀、羽子板?!

CRW_4545-3-のコピー.jpg




 美味しそうに焼き上がりました。

CRW_4631-7.jpg














PR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

お申し込み

profile

categories

archives

search this site.

お問い合わせ