スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -

10月のワンディ〜芋、栗、南瓜

 




10月に入ってお芋類がおいしくなってきたので、今月は芋尽くしです。

IMG_4363-1.jpg




ほくほくのジャガイモは葛粉でまとめて芋餅に、薩摩芋はレモンと蜂蜜でほんのり甘酸っぱく仕上げます。
名称未設定-6.jpg





落花生入りの栗ごはんに、定番の小豆かぼちゃと、季節の和え物を添えて、滋味深い秋の食卓です。

IMG_4495-3.jpg













9月のワンディ〜大根尽くし

 



 朝晩ひんやりしてくると、そろそろ大根が恋しくなります。
今月は大根を色々な形で調理していきます。

IMG_4265-1.jpg



 まずは桂剥き。初めての方も大根半本分くらい練習すると何とか形になっていきます。多少切れても気にせずおおらかに。季節の野菜をくるんで椎茸昆布出汁でコトコト煮ます。

名称未設定-1.jpg



 残った大根は千切りにして、大根餅にします。切干し大根は苦瓜と煮物に。

名称未設定-2.jpg




 大根の切り口がとても綺麗に、大根餅も思い思いの形に出来上がりました。

IMG_4335-2.jpg




・大根の砧巻き
・切干し大根と苦瓜の煮物
・大根餅
・大根の紅花漬け
・大根と干し椎茸入りはと麦粥

滋味深い初秋の食卓です。








9月の季節のレッスン〜晩夏の養生





 9月に入ってもまだまだ暑い日が続きます。つい真夏と同じような過ごし方をしてしまいますが、そろそろ夏の疲れを取る養生が必要になってきます。

IMG_4180.jpg 




 夏の間に失った津液を補う食材と、冷えを取る利水作用の食材を使って、メインの焼き物を作ります。心臓に良い苦瓜は茗荷とあわせて混ぜご飯に。

名称未設定-2.jpg




 余った茄子は切干し大根とあわせてピリ辛煮を作ります。心臓をサポートするつるむらさきは津液を作るプチトマトと和え物に。

名称未設定-1-2.jpg




 南瓜とアーモンドのスープを添えて、秋冬に備えた食卓ができあがりました。

IMG_4252.jpg









8月のワンディ〜自家製天然酵母ピザ





 あんなに暑かったのに、お盆を過ぎて朝晩秋の気配を感じるようになりました。天然酵母起こしに最適な30℃前後の日が続いています。名残のプチトマトを使った酵母で今月はピザを作ります。

IMG_4119.jpg 






 まずは酵母起こしから。プチトマトを湯剥きしてピンに詰め蜂蜜を回しかけます。翌日はプチトマトの蜂蜜漬けとして美味しくいただけますが、3日ほど我慢してそのまま室温に置くとぷくぷく白い酵母が涌いてきます。それをトマトごと粉に入れて生地を作ります。

名称未設定-1.jpg




 同時にトマトソースを作ります。手分けして南瓜のスープとつるむらさきの和え物も。
ピザ生地は一人一枚捏ねていきます。

名称未設定-2.jpg



 
 プチトマトの酸味がさわやかな美味しいピザができました。
  
IMG_4147-1.jpg




 デザートには重ねるだけの簡単酒粕甘酒ティラミスを。
 
IMG_4154-2.jpg










7月の季節のレッスン〜小豆のチリコンカン

 



 渋沢の直売に、珍しい蓮の花が。蕾の状態でしたが、翌日にはこんなに綺麗に。
蓮の花が似合う盛夏には、取りすぎた水分を出しつつ、夏バテしないよう気を作る食材を意識して取り入れていきます。

P8042448-1.jpg





 メインのチリコンカンは利水作用のある小豆で。玉ねぎ、紫人参を振り塩をしながら空炒りしスパイスとトマトを加え、最後に予め炊いておいた小豆を入れてしばらくコトコト煮ます。

名称未設定-1.jpg




CRW_6630-1.jpg






・小豆のチリコンカン
・夏野菜のサラダ胡麻風味のサルサソース
・南瓜と玄米のポタージュ
・焼とうもろこしと胡瓜の糠漬けのおむすび。




 夏野菜が美しい盛夏の食卓です。










7月のワンディ〜土用の丑の日

 





 子供の頃から、夏休みとお正月は三島にある祖父母の家で過ごすのが恒例でした。
三島には、江戸時代から続く老舗の鰻屋さんがあります。
 隣にお寺があったので法事はいつもそこでしたが、祖父に連れられて二人でお店に行くのも楽しみでした。

P7202346-1.jpg




 丑の日が近い今月のワンディは、鰻ならぬ豆腐の蒲焼きです。
山芋や牛蒡のすりおろしを入れて、焼き海苔の上にのせて菜種油で揚げていきます。

名称未設定-2.jpg




 胡瓜のすり流しが涼しげな、夏の食卓です。

P7202414-3.jpg




 付け合わせには、三島の老舗と同じように夏野菜の糠漬けを。
デザートは蓬の葛切りでした。

名称未設定-4.jpg





 





バースデーケーキ









 ときどき、ケーキの注文をお受けしています。
マクロビオティック仕様なので、クリームは豆腐で、甜菜糖は使わずに本味醂や米飴、蜂蜜で甘みを付けます。
 
 こちらは5歳の男の子のバースデーケーキです。メロンが沢山入っています。

IMG_5536a.jpg 




楽しい一日になりますように。











6月のワンディ〜手打ちうどん&あんみつ







 梅雨で何となくすっきりしない今日この頃。
喉ごしのいいざるうどんが食べたくて、皆さんにお付き合いいただきました。

 CRW_6386-1.jpg





 この時期のむくみ取りに最適な、たんぽぽコーヒー寒天の残りのたんぽぽの根っこで炊き込みご飯も作ります。
 手打ちうどん、炊き込みご飯とくれば、デザートはあんみつです。

CRW_6528-3.jpg





 手打ちうどんは難しそうでいて案外簡単で、思い立ったらすぐできます。しかも打ち立てはすごく美味しい。この日の炊き込みご飯には山形から送っていただいたワラビも入れました。

名称未設定-2.jpg





 こちらは食箋バージョン。実は密かに体内クリーニングの講座が続いています。
食箋ということで葛粉と蓬粉を練り込みました。トッピングは布海苔、らっきょう、新玉ねぎ、わかめ、すりゴマとねぎです。お醤油をかけていただきます。

名称未設定-1.jpg





 たんぽぽコーヒー寒天のあんみつ。酒粕と甘酒だけで作った抹茶アイスとレーズンの小豆あん、赤豌豆、玄はと麦と盛りだくさんです。飾りのお花はガーリックソサエティ。
 とっても美味しくできました。

CRW_6521-2.jpg












6月の季節のコース〜梅雨時の過ごし方






 梅雨です。むくみが起こりやすい季節です。むくみはさまざまな不調の原因となりますので、今月の季節のコースはむくみ取りがテーマです。

 CRW_6342-1.jpg






 むくみを取りつつ気も作りたいので、お芋を使います。むくみを取るために油は最小限に。少量のオリーブオイルで作る焼きコロッケには空豆とグリンピースが入ります。

名称未設定-1.jpg






 付け合わせの温野菜のサラダには、酒粕甘酒マヨネーズと韮ソースを添えます。どちらもノンオイル、ノン豆乳です。

CRW_6346-3.jpg







 空豆のすり流しとともに。利水の空豆をとことん使った食卓です。

CRW_6371-8.jpg












7月新講座募集のおしらせ


 
 7月からの新講座の日程が下記の通り決まりました。
どうぞよろしくお願いいたします。



アトリエシジフォス マクロビオティッククッキング


●講師 

松重彩子




季節のコース 全3回(月1回)= 15,000円

 日々の暮らしの中にマクロビオティックを楽しみながら取り入れていくコースです。マクロビオティックの基本からその季節や月ごとの養生を意識した暮らし方や日々の献立をご紹介します。  

  ①7/13(土)   ②8/10(土)    ③9/7(土) (10:00〜14:00)




ワンディクッキング 1lesson = 5,000円

 季節ごとの行事やイベントをマクロビオティックで楽しむ単発の講座です。おもてなしにも使える献立を中心にスィーツや天然酵母パンなども交えて月替わりでご紹介します。

  7/20(土)   8/17(土)   9/14(土)  (10:00〜14:00)




体内クリーニングコース 3ヶ月全5回 = 50,000円 (個人指導:約4時間)

 これまでの食習慣を見直し、一度体内をリセットしたい方のための3ヶ月完結のコースです。ご紹介する献立はネオマクロビオティックの理論に基づき、薬効の高い食材を用いて油を使わずに展開していきます。また、食事日記をもとに生活に合わせた改善策をご提案いたします。各回講義付き。
 これまでマクロビオティックで効果を感じられなかった方にも。日時応相談。
 



●フレンズレッスン 1lesson = お一人5,000円(約4時間)

 お友達同士などで受講なさりたい方のためのセミオーダーのレッスンです。お二人からお受けいたします。様々なリクエストにも対応いたします。日時応相談。



★各コース、振り替え対応いたします。


★場所:千葉市花見川区

    JR稲毛駅よりバスで10分、バス停より徒歩5分。

    詳細はお申し込み後、追ってご連絡いたします。




 今回、ケータリングの仕事の関係上日程を大幅に縮小いたしましたが、上記以外にも可能な日がございますのでお気軽にお問い合わせ下さい。



お申し込みは、こちらからどうぞ













PR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

お申し込み

profile

categories

archives

search this site.

お問い合わせ